CMでの呼びかけなどで、すっかり世間にその存在を知られているAGA。特に好きな異性にはその事実を知られたくないですよね?そのまま放っておくと薄毛が進行してしまいますので、早めのAGA対策と治療が大事です。

AGAを気にする男性

AGAは父親より母親の遺伝が原因ってホント!?

最近、特に悩みとしては大きく占めているAGAは、遺伝的な要素はどれほど関係しているのでしょう。また今、注目されている話題として父型の遺伝よりも母型の遺伝の方が要素としては強いという報告は事実なのでしょうか。ある文献の報告では、次のように記載されています。AGAは男性に多い病気ですが、遺伝的な要素は母型からの特性を受け継いでいることが言われています。女性の場合の薄毛には、父型の遺伝の要素が関わっていることが知られています。このことから男性に多いAGAを追求し、原因を探るためには母型の要素を考える方が早く結論づけられることがわかっています。男性の薄毛に関わる遺伝には、X染色体にあるアンドロゲン受容体とのかかわりが密接であることわかっています。また女性は本来、女性ホルモンの影響で薄毛になりにくいことが知られています。また薄毛が進行しないように働いているようです。今、現在で考えられていることは、母型の父親が薄毛であったかどうかによるようです。これを隔世遺伝といいます。もし、ご自分が薄毛になるのか心配になっておられるのなら、母型の父親が薄毛だったのかを聞くことが必要です。母型の父親が若いころに薄毛であったなら、AGAになる可能性は高いと言えるでしょう。薄毛ではなかった場合は、AGAになる可能性は少ないと言えます。公式サイトで正式に報告されている記事としては、母型の父親にアンドロゲンレセプターに対する感度が高い特性があるのならAGAになりやすいとされています。また逆に感度が低い場合には、AGAになる可能性は低いとされています。このような記事を参考にされ、判断されるのがベストと言えます。また、薄毛になっておられる本人のジヒドロテストステロンの活性度が高い場合、AGAになる可能性は高くなります。これらを参考にして今後の対策を考えられることをおすすめします。

AGAはホルモンバランスと関係がある

AGAの症状を持つ人の頭皮には高濃度のDHTが存在していると言われています。DHTと言うのは「ジヒドロテストステロン」と呼ばれている男性ホルモンで、元々存在する男性ホルモンではなく、遺伝子の影響により正常な状態の男性ホルモンのテストステロンが体内酵素の5α-還元酵素と結び付く事でDHTに変換されると言ったメカニズムを持つもので、DHTは毛周期を乱す事からも強制脱毛ホルモンと言われています。遺伝子による影響でホルモンバランスが乱れると言うのが直接的な要因になるのですが、頭皮環境が悪い場合などでは症状は更に悪化する可能性が在る事からも、AGA専門クリニックなどの治療はカウンセリングを入念に行って、現在の頭皮環境チェックや症状に応じた治療方針を定める事、そして食生活や生活習慣等の乱れ、ストレスなどについての問診を行い、適切なアドバイスを行って治療を行うのが特徴です。DHTは元々存在しない男性ホルモン、若しくは変換された男性ホルモンであり、DHTに変換される事で毛周期のサイクルは極端に短くなる性質が在り、通常5年から7年のサイクルを持つ髪の毛は、DHTが作用することで3か月などに短縮されてしまい、髪の毛が生えて来ても短期間で抜け落ちるようになるため、髪の毛の密度は徐々に変化してしまい、最悪の場合は全ての毛が抜けてしまう可能性も出て来ます。プロペシアを使う事でDHTを抑制させる効果を期待する事が可能になるため、毛周期が正しくなり発毛へと期待を持てるようになると言う事です。尚、プロペシアは5α-還元酵素を阻害する医薬品で、1日1mgのプロペシアを服用することで5α-還元酵素を阻害することで発毛への期待を持つ事が出来るようになります。

AGA治療の際に気を付けておくべき事

AGAは男性型脱毛症のことでその症状には特徴があります。抜け毛が多くなってきて薄毛になってしまうのですが、それが頭頂部や前髪の生え際から抜けて薄毛になってくるのです。またAGAは年齢が若いことから発症するので、若いころから薄毛になるなど悩みになることが多いのです。AGAの原因として考えられているのは男性ホルモンが過剰に分泌されてしまう、生活環境が変わってしまうことで発症することがあります。抜け毛が多くなってきたと感じたら早めに治療を行うことが必要ですが、もし育毛剤などのヘアケアを行う場合はこれら症状によっても使い分ける必要もあります。AGA治療の際に気をつけておくことは、髪の毛にはヘアサイクルがあるということです。ヘアサイクルというのは髪の毛が生え変わるサイクルということで一般的には4年から6年という期間で髪は生え変わるのです。髪は伸びてきますが、この期間を成長期といいます。成長期が長ければそれだけ強い髪の毛が生えてくるので抜け毛によって薄毛になることはありません。しかしこの成長期が男性ホルモンの影響や生活環境の変化によって徐々にその期間が短くなってしまい、細く弱い髪の毛となり生え変わるサイクルも早くなってしまうのです。そのサイクルが短くなるとそれだけたくさんの髪の毛が抜けてしまうことになります。抜け毛が多くなったら要注意なのです。AGAにはやはり早めのヘアケアが必要になります。早くヘアサイクルを元通りに戻すということが必要になるということです。またAGA治療はこれらヘアサイクルを考えて治療を続けなければなりません。数ヶ月で効果がでるわけではないので半年から数年かかることがあるので続けて治療を行うことが大切です。
■AGAは薬を飲んで治しましょう
フィンペシア 通販