CMでの呼びかけなどで、すっかり世間にその存在を知られているAGA。特に好きな異性にはその事実を知られたくないですよね?そのまま放っておくと薄毛が進行してしまいますので、早めのAGA対策と治療が大事です。

AGAを気にする男性

AGAとコラーゲンとシステインについて

男性の薄毛で最も多いのが、男性型脱毛症です。
男性型脱毛症は、最近はAGAと呼ばれることが多くなっています。
男性型脱毛症を発症する人は、昔は中高年男性が多かったのですが、最近は若い男性も増えています。
日本には、数多くのAGA専門クリニックがあり、多くの患者が訪れています。
抜毛は、1日100本くらいであれば心配する必要はないです。
しかし、1日200本以上の抜毛がある場合は、早めに専門クリニックで診察を受けた方が安心です。
薄毛の原因は、人によって様々ですが、遺伝や男性ホルモンへの感受性が直接的な原因だと考えられています。
男性ホルモンのひとつが、血液中から毛乳頭細胞に入ることで酵素が作用し、DHTに変わります。
DHTがレセプターと結合すると、髪の成長を阻害する物質を出します。
その結果、毛母細胞の分裂が抑制されてしまうのです。
最近、薄毛の原因として注目を集めているのが、コラーゲンの減少です。
毛包幹細胞は、コラーゲンの一種によって保護されています。
しかし、加齢によって毛包幹細胞がコラーゲンの保護を失うと、毛穴が小さくなってしまうのです。
毛包幹細胞がコラーゲンを作るために必要なのが、ビタミンCです。
育毛に大切な栄養素として脚光を浴びているのが、システインです。
システインは、コラーゲンの生成を促進させる働きがあります。
システインは、体内で生成することが不可能なので、外から補う必要があります。
システインを体内で生成するメチオニンを摂取することも大切です。
メチオニンが不足してしまうと、薄毛や白髪の原因となります。
薄毛予防には、毎日の食生活も大事です。
髪の成長に必要な栄養を食事から摂取できない場合、サプリメントを利用して不足分を補っている人が多いです。