CMでの呼びかけなどで、すっかり世間にその存在を知られているAGA。特に好きな異性にはその事実を知られたくないですよね?そのまま放っておくと薄毛が進行してしまいますので、早めのAGA対策と治療が大事です。

AGAを気にする男性

AGAとミノキシジルと安全性について

男性型脱毛症で悩んでいる男性は、日本でも1200万人以上と言われています。
男性型脱毛症は、早い人だと20代で発症します。
頭頂部が徐々に薄くなり、地肌が見えるようになる人が多いです。
AGAとも呼ばれる男性型脱毛症は、進行性の脱毛症なので、できるだけ早く診断を受け、適切な治療を受けることが大事です。
男性型脱毛症の原因のひとつが、男性ホルモンです。
男性ホルモンは、毛母細胞でDHTに変化し、毛母細胞を萎縮させます。
毛母細胞が萎縮すると、髪の成長が妨げられてしまいます。
男性型脱毛症には、遺伝的な要素も関係しています。
男性ホルモンを受け取る受容体の遺伝子を調べれば、その人に合った適切な治療方法を選ぶことができます。
ストレスや食生活の乱れも、薄毛の原因になります。
ストレスによって自律神経やホルモンバランスが乱れると、血液の流れが悪くなり、栄養がスムーズに運べなくなります。
栄養が十分に届かないと、髪が細くなり抜けやすくなります。
毎日の食事から髪の成長に必要な栄養を摂取することは、薄毛予防のためにも大切です。
ビタミンやミネラルが不足している場合は、サプリメントで補っている人も多いです。
男性型脱毛症の治療の主流は、育毛剤や内服薬による治療です。
日本では、ミノキシジルが有名です。
ミノキシジルは、高血圧の治療のために開発された薬でした。
しかし、発毛効果が見られたため、現在は男性型脱毛症の治療薬として販売されています。
ミノキシジルは、医師の指示を守って使用すれば、安全性が高い治療薬です。
同じミノキシジルでも、濃度が違う場合があります。
男性型脱毛症の治療には、症状に適した濃度のミノキシジルを使うことになります。